平成30年度三重県消防操法大会の開催

平成30年度三重県消防操法大会の開催

7月22日(日)鈴鹿市の三重県消防学校において、平成30年度三重県消防操法大会を開催しました。

2018-08-10 16_42_12-Window.png

 

大会結果

大会は、伊藤三重県消防協会副会長の開会のことばで始まり、平成26年度ポンプ自動車の部優勝の菰野町消防団、平成28年度小型ポンプの部優勝の伊賀市消防団より優勝旗が返還され、大会長である鈴木三重県知事のあいさつ、岩木三重県消防協会長の訓示の後、前田三重県議会議長からご祝辞をいただきました。

 

審査長の操法指示の後、名張市消防団新井芳紀一番員により選手宣誓が行われ、開会式が終了し、操法競技が開始されました。

 

2018-08-10 16_46_30-Window.png

 

大会は好天に恵まれ、1000人近くの観覧者の前で、日頃の訓練の成果を競いました。

記録的な暑さの中での大会でしたが、熱中症対策の成果があり、熱中症者は出ませんでした。

大会の結果につきましては、次のとおりです。 

 

大会結果

2018-08-10 16_48_24-Window.png

優勝した桑名市消防団は、10月19日(金)に富山県富山市の富山県広域消防防災センターで行われる、第26回全国消防操法大会に三重県代表として出場されます。

 

2018-08-10 16_49_45-Window.png

また、伊賀市消防団のラッパ隊には、大会の開会式、閉会式だけでなく操法終了後にも、吹鳴披露していただき、大会を盛り上げて頂きました。 

2018-08-10 16_50_27-Window.png